オブジェクトリンクを有する構造化文書を管理するデータベースの モデルと問合せ

加藤 弘之  吉川 正俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D1   No.1   pp.150-164
発行日: 1999/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (高度データベース論文特集)
専門分野: 文書データベース
キーワード: 
構造化文書,  データベース,  抽象データ型,  問合せ,  

本文: PDF(291.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では, 構造化文書をデータベースで管理する際のデータベース内部表現と, 概念モデルを提案する. 構造化文書のデータベース内部表現においては, 文書をどのように分解して管理するかという物理的格納手法の観点と, 部分文書の文字列以外の型による管理手法について記述する. また, 構造化文書の概念モデルにおいては, 文書中の文字列とその文字列が表すデータベース中の意味データ(本論文では, 注釈データと呼ぶ)間に構築されるオブジェクトレベル のリンク機構を有する構造化文書データベースモデルと, そのようなデータベースに対する問合せについて提案する. このオブジェクトレベルのリンク機構を有するテキストの概念モデルは, 表記文字列が保持される表記層と表記層における部分文字列が表す意味データが保持される参照層の二つの層から構成されている. この概念モデルは, 単純でかつ既存のテキストモデルに対して最小の拡張ですむように, 単純な構造と実用的な記述能力をもつ操作体系を備えた新しい抽象データ型をデータベースに導入し, このリンク付きテキストを管理することにした. これにより, 我々の提案する概念モデルを管理する構造化文書データベースに対して, 文書の文字列のみならずその意味に基づく問合せが可能となる.