マルチプロセッサ向き目的コードスケジューリングについて

松原 義和  大山口 通夫  太田 義勝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J82-D1       pp.1232-1244
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 専門分野: アルゴリズム
キーワード: 
コードスケジューリング,  コンパイラ最適化,  

本文: PDF(511.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,各プロセッサが均一の機能をもち,すべての命令が同一サイクルで 終了する場合のスケジューリングについて考察し, 命令の依存グラフにおいて各命令の先行命令数がたかだか2個及びたかだか3個 の場合について,それぞれ適用可能な線形時間スケジューリングアルゴリズム を提示し,ある制限条件を満たすとき,これらのアルゴリズムは 最適スケジューリングを与えることを示す.