新昇圧方式による共振形定電流出力コンバータ の定電流域の広域化

柴田 公彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J82-C2   No.3   pp.109-115
発行日: 1999/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
コンバータ,  定電流,  昇圧回路,  倍電圧整流平滑回路,  直列共振,  共振電流不連続モード,  

本文: PDF(671.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,共振形定電流出力コンバータ の定電流域の拡大と出力抵抗特性の改善を目的として いる.まず,倍電圧整流平滑回路の入力側直列キャパ シタを共振用キャパシタに利用した回路の n 段接続か らなる昇圧回路を考案している.次に,それが導入さ れた共振電流不連続モード方式のコンバータを提案し,その解析結果を実験により検証している.その結 果,本方式では,無制御で定電流域が上記の段数 n に 比例して拡大されると同時に,出力抵抗特性が n 倍に 改善されることが明らかになった.n=3 の昇圧回路を 有する試作回路においては,負荷抵抗の変化による出 力電圧の変化が0Vから240Vの広範囲にわたって 直流出力電流がほぼ一定の100mAに保たれ,良好 な定電流特性が得られた.なお,この範囲の出力抵抗 は約30kΩである.これらの結果は理論値とよく一致 することが確認されている.