すべり弾性表面波センサを用いた混合溶液の評価

近藤 淳  塩川 祥子  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J82-C1   No.12   pp.784-790
発行日: 1999/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 特集論文 (最近の超音波応用デバイス論文特集)
専門分野: センサ・ジャイロ
キーワード: 
すべり弾性表面波,  3チャネルSH-SAWセンサ,  動粘度,  複素誘電率,  混合溶液,  

本文: PDF(1022.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
すべり弾性表面波(SH-SAW)センサは,液体の動粘度,複素誘電率を同時に計測する ことが可能である.本論文の目的は,これらの量を同時に測定可能な3チャネル SH-SAWセンサを用いて,混合溶液の評価を行うことである. トマトジュースや糖・アルコール混合溶液 を測定することにより,3チャネルSH-SAWセンサの有効性を確認することができた. また,これらの測定から,液体中に存在する浮遊物の沈殿による質量負荷効果は SH-SAWセンサでは検出できないことが明らかになった.そこで,その原因を検討した ところ,沈殿層とSAW伝搬面間の薄い水の層の影響,あるいは界面での粒子変位の不連続 性の影響によることを明らかにした.