融着テーパ形ファイバカプラを利用するLP01-LP11 モード変換器の 設計理論と実験

林 涛  古海 祐介  今井 正明  辻 寧英  小柴 正則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J82-C1       pp.587-595
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
LP01-LP11 モード変換器,  融着テーパ形ファイバカプラ,  位相整合,  断熱条件,  ビーム伝搬法,  

本文: PDF(1.7MB)>>
論文を購入



あらまし: 
異種光ファイバの異なるモード間で周期的に結合する性質を利用して,プリテーパ光ファイバともとの光ファイバを組み合わせた新しいテーパ形LP01-LP11 光ファイバモード変換器を提案する.このモード変換器は位相整合条件と断熱条件に基づいて設計し,3次元有限要素ビーム伝搬法を用いてテーパ形ファイバカプラ内の電界分布を求めた.次に,コンピュータ制御された熱融着延伸法によりこのモード変換器を作製し,モード変換特性を測定した.実験と数値解析の結果を比較検討し,両者がよく一致することを確かめた.光通信及びセンシング用光デバイスとして有用な新しい光ファイバ形モード変換器の設計理論と製作方法を確立した.