演算量低減を考慮したグローバル動き・輝度変化補償動画像符号化

上倉 一人  渡辺 裕  小林 直樹  一之瀬 進  安田 浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.9   pp.1676-1688
発行日: 1999/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化
キーワード: 
動画像符号化,  動き補償,  輝度変化補償,  演算量低減,  

本文: PDF(2.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
画面全体に生じる動きや時間的輝度変化への対処法としてグローバル動き補償, グローバル輝度変化補償が提案されており, これらにより符号化効率の大幅な改善が期待できる. 本論文では, 特にグローバル輝度変化補償で問題であった膨大な演算量を低減するために, ブロック単位で行われる動き推定処理及び輝度変化パラメータ推定処理に簡易な手法を導入するとともに, その動き推定処理をグローバル動き補償, ローカル動き補償時の動き推定処理と共通化することにより, 少ない演算量でこれらの機能を併せもつ符号化方式を提案する. 実験で用いたブロックサイズ, 動き探索範囲の場合, 従来の各補償方法を単純に組み合わせる場合に比べ乗算回数が約1/400に低減される. また符号化効率の面では, グローバル動き補償と輝度変化補償を個別に適用した場合の 効率改善効果を併せもつ効果が得られることを示す.