広いパルス幅測定範囲を有するパルス幅分布測定回路について

内野 政治  篠塚 隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.8   pp.1596-1601
発行日: 1999/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
パルス幅分布,  時間幅分布,  浮動小数点,  ヒストグラム,  2分木,  

本文: PDF(439.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
2進カウンタから出力される N 未満の整数値を log2(log2(N)) のオーダの処理時間で仮数部 r ビット,指数部 L ビットの浮動小数点形式に変換可能な回路を示し,この変換回路を組み込んだパルスの継続時間幅分布の測定回路を提案する.この測定回路は各々のパルスの継続時間幅が 2L オクターブの範囲にわたるような多数のパルスを連続的に測定し,パルス幅の分布を1オクターブ当り 2r 階級のヒストグラムとして蓄積できるので,パルス幅が広範囲にわたるような待ち時間の分布測定や電磁環境計測などに利用できる.このヒストグラムを蓄積するために必要なメモリのサイズは 2L+r 語ですむ特長がある.