端末間直接通信を考慮した無線多重アクセスプロトコル

飯田 登  深川 周和  水野 忠則  渡辺 尚  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.7   pp.1347-1356
発行日: 1999/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
多重アクセス,  DQRUMA,  無線ネットワーク,  モバイルコンピューティング,  

本文: PDF(509KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,チャネル効率の良い無線多重アクセスプロトコルDRCPを提案し評価する. DRCPの特長は,セル内の通信において,モバイル端末間の直接通信が失敗した場合に限り 基地局がダウンリンクチャネルを用いて中継し, モバイル端末間で直接送受信できた場合には基地局による中継は行わず, この中継用チャネルの省略によりチャネルの効率化を図っていることである. 更に,DRCPは,セルにまたがる通信の場合には,セル内での基地局中継用チャネルを省く. すなわち,受信局が送信局と異なるセルにある場合は基地局がセル間を中継する. その際,送信側のセルではセル内通信で基地局が中継に使用するダウンリンクチャネルを 省略し,受信側のセルではセル内通信でモバイル端末送信用のアップリンクチャネルに 基地局も送信することにより,ダウンリンクチャネルを省略する. 以上により,高スループット低遅延を実現している.