見通し内マイクロ波帯市街地伝搬における瞬時変動の統計的性質

鹿毛 豪藏  増井 裕也  高橋 幸一  高橋 賢  小林 岳彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.6   pp.1204-1210
発行日: 1999/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
移動通信,  電波伝搬,  フェージング,  仲上-ライス分布,  レイリー分布,  

本文: PDF(981.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロ波帯移動通信の無線回線設計を目的として,市街地における伝搬特性を把握するため,1 km程度の直線道路上で,3.35,8.45,15.75 GHzについて見通し内伝搬の瞬時変動の統計的性質を調べた.対数で表した相対受信電力の距離に対する短区間中央値について回帰曲線を求めると,短区間中央値と回帰曲線の差は送信点から0~1,000 mの区間で定常的な性質を示し,正規分布に従った.また,短区間標準偏差は,送信点から100~1,000 mの区間で定常的な性質を示し,安定成分が多く含まれると考えられる区間を除くと,対数値が正規分布に従った.