スペクトル領域モーメント法によるコプレーナ導波路給電2周波 マイクロストリップアンテナの解析

垣内田 毅  石井 望  山本 学  西村 寿彦  伊藤 精彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.6   pp.1177-1184
発行日: 1999/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
コプレーナ導波路,  2周波動作,  マイクロストリップアンテナ,  スペクトル領域法,  絶対利得,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ミリ波帯においては, 伝送線路による損失が大きいという問題が生じる. そこで, アンテナとミキサを一体化し, 伝送損失を軽減することのできる準光学アンテナミキサがある. これは, 高周波と局部発信周波の異なる 二つの周波数を空間的に受信し, 直後に中間周波数に変換するものである. これを実現することのできるアンテナとして, コプレーナ導波路給電による2周波動作可能なマイクロストリップアンテナがある. 本論文においては, スペクトル領域モーメント法を用い, このアンテナの周波数 1/20 スケールモデルの入力特性をマイクロ波帯で解析し, 異なる二つの周波数で独立に動作可能であることを示す. 更に, 本アンテナの放射指向性を絶対利得により評価する.