分散仮想環境システムにおけるイベント順序保証機構の部分適用 方式の評価

福岡 久雄  岡田 忠義  佐藤 文明  水野 忠則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.5   pp.928-938
発行日: 1999/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
分散仮想環境,  一貫性管理,  順序保証,  待ち行列,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
教育分野における仮想実験やネットワーク上の対戦型ゲームのように, 参加者を実験・ゲームの実行者とその見学者とに分類できるような分散仮想環境システムに注目する. この種のシステムにおける, 仮想空間記述データの複製管理のために配送されるイベント通知メッセージの順序保証に関して, 実行者側のみで順序保証を行い, 見学者側では順序保証を行わないような, イベント順序保証機構の部分適用方式を提案した. 順序保証機構としては, 既存の分散型と集中型の2方式を採用し, これらを, ネットワークを流れるメッセージ数の観点から評価した. この種のシステムでは一般的と考えられる, 実行者数に比べて見学者数が圧倒的に多い状況では, 両方式とも, システム全体として順序保証を行わない場合に比べて, メッセージ数の増加率は極めて小さいことを確認した. また, 実行者サイトの動作を, 待ち行列システムを用いて近似的にモデル化することによって, 実行者サイトが処理不能となるような見学者数を与える条件式を導くとともに, 実行者が発生したイベントの実行者側での実行遅延時間をコンピュータシミュレーションすることによって, 同条件式の妥当性を確認した.