円形等間隔アレーアンテナにおけるMUSIC方位評価関数の高速演算アルゴリズム

平田 和史  桐本 哲郎  真野 清司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.5   pp.1046-1052
発行日: 1999/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
電波方位探知,  巡回畳込み,  FFT,  MUSICアルゴリズム,  方位評価関数,  

本文: PDF(305.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
MUSICアルゴリズムは,複数の電波の到来方向を高精度に測定できるアルゴリズムである.MUSICアルゴリズムによる電波到来方向測定では,ステアリングベクトルと受信機雑音に対応する相関行列の固有ベクトルとの内積演算を多数回行って方位評価関数を求めており,この内積演算量削減が実用上問題になる場合が多い.本論文では,アンテナが円形等間隔アレーで構成される場合に,内積演算が素子位置ベクトルとステアリングベクトルの角度差だけに依存することに着目し,この内積演算を巡回畳込み演算に帰着させ,FFTにより演算量を削減できる高速演算アルゴリズムを示した.また,このアルゴリズムにより,アレーが8素子のとき,従来法に比べ約31%に演算量を削減できることを示した.