中波放送波による送電設備への誘導の解析

笹森 崇行  澤谷 邦男  安達 三郎  村井 泰仁  小川 正浩  井口 勝弘  西山 光生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.4   pp.645-652
発行日: 1999/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
モーメント法,  送電線,  放送波,  誘導電界,  誘導電流,  

本文: PDF(487.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
架空送電線の工事や保守作業を行うときには, 感電事故を防ぐために作業回線の送電を停止するとともに, 商用周波数の誘導電流による感電対策のために電線を鉄塔に接地する. しかしながら,このような接地による誘導対策を行ってもラジオやテレビの放送所の近傍にある送電線では, 送電線上に大きな誘導電流が流れる場合があることが,以前から指摘されてきた. そのために,放送所近傍の送電線については放送が行われていない深夜などに作業を行うのが実状であった. しかしながら,このように送電線に放送波が強く誘導される場所は極めてまれであるために, 放送波による誘導現象を詳しく研究した例は現在までになかった. 本論文では,放送波による大きな誘導電界が発生する場所を取り上げ, 誘導現象をモーメント法によって解析する. まず,誘導電界の周波数特性を求め,送電設備が多くの周波数で共振していることを示す. つぎに,四つの共振周波数において,地線を含む各送電線上を流れる誘導電流を求めることにより, 送電設備の共振構造を明らかにする. また,放送波による誘導が発生する送電線の場所を予測する方法について考察する.