LAN上の予約データに対して良好な通信品質を提供する帯域予約型 データ転送プロトコルの提案

矢部 正行  藤井 照子  厚井 裕司  井手口 哲夫  馬場 義昌  白鳥 則郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.12   pp.2215-2224
発行日: 1999/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
LAN,  FDDI,  TTP,  RSVP,  QoS,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
LAN上に帯域予約機構を実現することを目的として, 筆者らはさきに, FDDIのMAC副層プロトコルであるTTP(Timed Token Protocol) の同期帯域にRSVP(Resource Reservation Protocol) によって予約されたデータをマッピングする仕組みの帯域予約型データ転送プロトコルを提案するとともに, 上位レイヤからの予約データがLANノードにポアソン到着する形態のLANモデル上で そのプロトコルの通信品質(QoS)をシミュレーションにて評価した. そのシミュレーションで予約データの転送率(スループット)が 予約帯域内において100%維持される等の結果を得たことにより, そのプロトコルの帯域予約機構が有効に動作していることを確認した. しかしながらそのプロトコルは, ポアソン発生している予約データのうち, 予約帯域幅によって決まるタイミングよりも早くLANノードに到着するデータに対する 処理機能を有していなかった. その結果, 予約データの平均負荷が予約帯域幅に近い領域において, それらのデータが原因となって予約データの伝送遅延時間が大きく増加した. 本論文では, その課題を改善する上記データの処理方法を検討するとともに, その方法を利用することにより, 予約データに対して良好な通信品質を提供する 新たな帯域予約型データ転送プロトコルを提案する. 更にシミュレーションによりそのプロトコルの有効性を評価する.