画像の斜交軸DCT符号化法のガウス混成モデルに基づく エントロピー符号化による特性改善

山根 延元  森川 良孝  成相 剛士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.11   pp.2104-2111
発行日: 1999/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化
キーワード: 
可変形状ブロック,  斜交軸DCT,  エントロピー符号化,  ガウス混成モデル,  JPEG,  

本文: PDF(3.9MB)>>
論文を購入




あらまし: 
斜交軸DCT符号化法では, 画像信号をエッジに沿った可変形状ブロックに分割し, 変換軸をエッジの方向にとった斜交軸上のDCTを用いて変換符号化を行う. この斜交軸DCTにより, 従来の正方ブロックDCTに比べて電力パッキング能率が向上し, 再生画像のモスキート雑音を低減できることが知られている. 本論文は, 斜交軸DCT符号化法の特性改善を目的として, エントロピー符号化の検討を行ったものである. エントロピー符号化法として, ガウス混成モデルに基づく方法を取り上げ, 混成モデルの構成について検討を行う. 実際の画像における斜交軸DCT係数列の統計的性質を調べ, その電力分布のパターンが斜交軸DCTのワーピング効果により一様化されるため, 混成モデルとして処理の簡単な平均電力モデルを利用できることを示す. 最後に, 計算機シミュレーション実験結果を提示し, 提案法が特性改善法として有効であることを明らかにする.