ネットワーク型標識システムの提案と通信モデルのシミュレーション評価

野田 哲史  久保田 浩司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.11   pp.1983-1992
発行日: 1999/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ITSのための情報通信と航行・測位論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
交通標識,  情報提供,  機能分担,  伝送遅延,  Point to Point,  Multicast,  

本文: PDF(441KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,道路交通標識は静的情報が地理上,及び時間軸上で固定的に表示されているものであった.ITS(Intelligent Transport Systems)が各分野で盛んに研究されている今,標識情報を道路状況に合わせて動的に変更したり,更に,交通事故や交通規制などの情報をネットワークを用いて路側から車両に配信する「ネットワーク型標識システム」を提案する.また,本システムを実現化するために,システムの論理・物理構成について,通信方式の面からの検討結果を示す.物理構成においては主に機能の路車配置分担についてモデルを立て,通信手段としてセルラ,DSRCの両方について,それぞれ現在考えうる通信方式による実現可否を検討した.