多対多地点間通信のための経路制御とネットワーク構成法

木下 和彦  添田 純一郎  山井 成良  滝根 哲哉  村上 孝三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J82-B   No.10   pp.1773-1781
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
多対多地点間通信,  スタイナー木問題,  経路制御アルゴリズム,  ネットワーク設計,  

本文: PDF(648.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,多対多地点間通信を念頭においた経路制御とネットワーク管理に ついて考察する.まず,各ユーザが異なる経路を用いて通信するメンバコ ネクション方式を基本とした経路制御アルゴリズムを提案する.これは特定 のリンクへの負荷の集中を効率的に回避することができる.更に,経路生成 時においては,全ユーザの経路を平行かつ段階的に決定することにより,各 ユーザの使用する経路間の品質差を小さくすることが可能である.また,多 対多通信だけでなく,1対多・1対1の通信をも同一のアルゴリズムで実現可 能という特徴をもつ.加えて,この提案アルゴリズムがより有効に機能する ネットワークの設計手法についても言及し,シミュレーションによってその 性能を評価した.