分散システムの障害回復動作に対する確率的挙動解析 ― 一般化確率ペトリネットによるモデル化 ―

野村 康治  土肥 正  尾崎 俊治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.8   pp.1371-1382
発行日: 1999/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 信頼性,保全性
キーワード: 
分散システム,  データ保全技術,  チェックポイント,  ペトリネット,  シミュレーション,  評価,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,システム障害や論理エラーの発生を考慮することにより,三つの独立したプロセッサから構成される分散システムの保全効果について考察する.障害回復動作として,チェックポインティングを並用したリカバリブロック,疑似リカバリブロック,疑似リカバリポイント法の3種類の方法が適用され,システムの確率的挙動をモデル化するために一般化確率ペトリネットが用いられる.ペトリネットシミュレーションを通じて,現実的な操作環境において疑似リカバリポイント法が有効であることが定量的に示される.