仮想環境への居場所表示を利用した面談・通話開始のための 支援システム

タンスリヤボン スリヨン  吉田 富美男  花木 真一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.7   pp.1139-1147
発行日: 1999/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: コミュニケーション基礎
キーワード: 
拡張現実感,  サイバースペース,  状況表現,  アバタ,  双方向ホームページ,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
人同士が直接会って話す面談や通信手段を介した通話の実現過程では,相手の居 場所情報が必要であり,都合を判断する「情報」を事前に知ることが望ましい. そのような情報を伝えて面談開始を支援したり,円滑な通話を支援するために, 本論文では実研究室レイアウトと仮想の部屋を混在させた仮想環境を2次元グラ フィックスで表現し,その上にメンバの顔アイコンを表示するようにして仮想研 究室VILLAを構築した.VILLAが構築されているサイバースペースを2分して,顔 アイコンが実空間での持ち主の位置をほぼ実時間で反映している部分空間を状況 表現空間,それ以外の部分空間をサイバー利用空間とし,顔アイコンがどちら の部分空間にあるかによってそれぞれバーチャルシャドウ,アバタと呼んで区別し,それらの特性の違いを明確にした.VILLAはJava言語で書かれ双方向ホームページとして実現された.WWWブラウザによって遠隔地から自由にアクセスできるので開かれた研究支援環境として利用することができる.