対数スペクトルにクリッピングと帯域制限を用いる 基本周波数抽出法

小林 載  島村 徹也  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.7   pp.1115-1122
発行日: 1999/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 画像理論,音声理論
キーワード: 
基本周波数,  調波構造,  クリッピング,  帯域制限,  ケプストラム法,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声の基本周波数は,音声処理の幅広い分野で 必要とされる特徴パラメータである. 音声信号から基本周波数を抽出する手法は過去に多数 提案されているが, あらゆる条件に対し有効な手法はいまだに確立されていない. 本論文では,ケプストラム法を改良することにより 雑音環境下における音声に有効となる基本周波数抽出法を 提案する. 本手法の特色は,対数スペクトルのうち特に雑音の影響を受けやすい 高周波数成分とスペクトルの谷の部分を除去し,音声信号の調波構造を 明確にした上でケプストラムを求める点にある. 計算機シミュレーション実験の結果, 従来法に比べ,本手法における抽出精度は gross pitch errorを改善することができた. 特に,周期性を有する雑音が混入された音声の場合に,本手法により 顕著な効果が得られた.