多重伝搬波パラメータ計測装置の開発

桑原 義彦  薄田 由紀  柿沼 裕幸  小川 聡  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.6   pp.903-911
発行日: 1999/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (適応信号処理の展開とその応用論文特集)
専門分野: 無線通信への応用
キーワード: 
マルチパス,  到来方向,  遅延時間,  準ミリ波,  移動通信,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
都市空間,屋内において,マルチパス波を含む無線信号の伝搬状況を知ることは,高速ディジタル無線通信システムを設計する上で重要な事項である.伝搬状況は到来する信号の波数,到来方向,伝搬遅延時間,相対電力等の伝搬パラメータを測定することによって解明される.我々は,特に準ミリ波帯の移動通信環境において,これらの伝搬パラメータを同時推定するためのアルゴリズムを提案する.そして,本アルゴリズムを適用した多重伝搬波パラメータ計測装置を開発して評価を行い,その有効性を確認する.