適応フィルタに適用した同時摂動形最適化法の収束条件

梶川 嘉延
野村 康雄

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A    No.6    pp.792-799
発行日: 1999/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (適応信号処理の展開とその応用論文特集)
専門分野: 適応アルゴリズム
キーワード: 
同時摂動形最適化法,  収束条件,  ステップサイズパラメータ,  システム同定,  

本文: PDF(453.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では, 適応フィルタに適用された同時摂動形最適化法の収束条件を導出する. 同時摂動形最適化法を用いた適応フィルタでは, 適応フィルタに摂動を加えることによってその係数更新を行うという特徴を有する. よって, 同時摂動形最適化法はアクティブノイズコントロールや逆システム設計などへの応用が期待される. しかし, これまで適応フィルタに適用された同時摂動形最適化法の収束条件については十分検討されていなかった. そこで, 本論文では, 適応フィルタが収束するための同時摂動形最適化法におけるステップサイズパラメータの上限値(収束条件)を理論的に導出する. 更に, 導出された収束条件の有用性をコンピュータシミュレーションによって実証する.