Fornasini-Marchesiniモデルで記述された2次元状態空間ディジタル フィルタに対する重み付き係数感度の最小化

雛元 孝夫  土井 章充  横山 周一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.5   pp.609-618
発行日: 1999/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
2次元ディジタルフィルタ,  Fornasini-Marchesiniモデル,  重み付き係数感度,  感度最小フィルタ構造,  有限語長実現,  

本文: PDF(407.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Fornasini-Marchesiniモデルによって記述された2次元状態空間ディジタルフィルタに対する 重み付き係数感度最小のフィルタ構造の合成法について論じている. まず,重み付き係数感度の解析と評価を L1/L2 ノルムが 混在する場合と L2 ノルムのみを用いる場合の両方について行っている. 次に,L1/L2 ノルムが混在した重み付き係数感度の評価式の上限を 最小にするフィルタ構造の解析的合成法を与えている. 続いて,L2 ノルムのみを用いた重み付き係数感度の評価式を 最小にするフィルタ構造の逐次的合成法を示している. 最後に,数値例を通してこれらの合成法の妥当性と有用性を検証している.