誤差経路フィルタ係数の推定を要しない連立方程式法による 能動騒音制御

藤井 健作  棟安 実治  大賀 寿郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.3   pp.299-305
発行日: 1999/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 電気音響,音響一般
キーワード: 
能動騒音制御,  Filtered-x法,  騒音制御フィルタ,  連立方程式,  システム同定技法,  

本文: PDF(201KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Filtered-x法を適応アルゴリズムとする能動騒音制御装置では通常, その起動に先だって誤差経路系のインパルス応答を観測し, それを誤差経路フィルタの係数として与える処理が実行される. 当然ながら, そのインパルス応答が起動後において変化することは十分に想定される. その変化は誤差経路フィルタの係数との差を拡大し, 騒音制御動作を不安定にする. 本論文では誤差経路フィルタ係数の算定を必要としない 騒音制御フィルタ係数の更新法を提案する. ここでは, 騒音制御フィルタに二つの異なる係数の組を与えたときに 騒音検出マイクロホンから誤差検出マイクロホンに至る系は 騒音伝達系と誤差経路系のインパルス応答を未知数とする 二つの独立な方程式を成立させることが利用される. 騒音制御フィルタの係数はこの連立方程式を繰り返し解くことによって更新される.