解像度によらず位相を保つ曲線と曲面の高速表示

金澤 芳之  金谷 健一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.12   pp.1853-1861
発行日: 1999/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ヒューマン情報処理
キーワード: 
ユーザインタフェース,  区間解析,  臨界点,  曲線,  曲面,  輪郭線,  

本文: PDF(654.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ユーザが方程式によって入力した曲線や曲面を解像度によらず正しい位相(接 続関係)で効率的に表示する.これは区間評価と平均値形式とクラフチック形 式を用いた区間解析による臨界点の検出と領域の再帰的分割とを併用すること によって実行される.本方法では終結式等の複雑な数式処理が不要であるばか りでなく,曲線や曲面が代数方程式で表される必要さえない.これを曲面の輪 郭線による描画に応用する.これはワイヤフレームモデルやそのレンダリング に比べ,人間の視覚認識にとって最も自然な表示である.