メニューの表示に制限がある通信機器のメニュー方式

増井 信彦  岡崎 哲夫  浅野 陽子  外村 佳伸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.10   pp.1633-1643
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ヒューマン情報処理
キーワード: 
通信機器,  メニュー,  ユーザインタフェース,  多重配置,  

本文: PDF(520.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
通信機器の多機能化,高度化とユーザの拡大が相まって,機能内容,操作方法等に関する問合せが急増している.通信機器の機能は,利用機能と登録・設定機能に大別され,通信機器を便利に使用するには,登録・設定を簡便にできることが重要となる.通信機器の登録・設定機能は主としてメニュー方式で提供されるが,通信機器は一般に表示領域が小さく,メニュー表現に制限があるため,わかりやすい方式を明らかにすることが急務である.本論文では,メニューの表示に制限がある通信機器のメニュー方式について検討を行った.まず,ユーザのメニュー操作を分析し,メニューの表示に制限がある通信機器に特有の特徴を抽出し,メニュー設計に必要となるメニュー操作手順をモデル化した.また,モデル化により,後戻りがメニューの表示に制限がある通信機器のメニューの問題点であることを明らかにした.次に,後戻りを軽減する解決策として項目の多重配置を提案し,及び項目を多重配置する場合の多重配置する項目と項目数の基準を導出し,被験者による評価実験でその有効性を明らかにした.