分散演算によるマルチプライヤレスLMS適応フィルタの高性能VLSI アーキテクチャ

恒川 佳隆  高橋 強  豊田 真嗣  三浦 守  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J82-A   No.10   pp.1518-1528
発行日: 1999/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
LMS適応フィルタ,  分散演算,  マルチプライヤレス,  2の補数表現,  VLSIアーキテクチャ,  

本文: PDF(818.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
現在,定係数のフィルタ実現においてマルチプライヤレスな構成法が盛んに研究されているが,係数が時変となる適応フィルタの実現においてはそのような構成法はほとんど検討されてこなかった. その数少ないマルチプライヤレスな構成法として分散演算を用いた構成法が提案されてきたが,この従来法では入力信号に特殊な符号化を用いているため,収束特性が非常に大きく劣化するという問題点があった. これに対して我々は新たに2の補数形式による一般化を行うことによって大幅に収束特性を改善する. 更に,従来法では検討されてこなかったVLSIアーキテクチャを提案し,この構成法に対してVLSI評価を行う. その結果,本提案法においては乗算器を用いた構成法に対して高速性と極めて小さな滞在時間を維持した上で,消費電力,ハードウェア量を大幅に削減できることを明らかにする.