複数のデバイスによる同時操作が可能なTable-Top型コンピュータ肢体不自由ユーザを含んだ利用場面の検討

小林 巌  岩本 正敏  柴田 千陽  鎌田 貴之  布川 博士  宮崎 正俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D2   No.5   pp.954-961
発行日: 1998/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (サイバースペース論文特集)
専門分野: サイバースペースのためのコミュニケーション環境
キーワード: 
Table-Top型コンピュータ,  同時操作,  I/O Device Network,  マイクロコントローラ,  肢体不自由,  

本文: PDF(603.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
肢体不自由ユーザを含んだ操作場面での利用を目的として,Table-Top型コンピュータについて検討した.Table-Topとは,複数のデバイスを用いて,複数のユーザが1台のコンピュータの操作をそれぞれが同時に行うことができるコンピュータ操作環境である.このTable-Topの実現モデルを考察し,モデルに基づきTable-Top型コンピュータのプロトタイプを試作した.このプロトタイプは,Windows95をOSとし,Table-Top用のアプリケーションを装備するコンピュータを本体としている.入力デバイスが2個のマウスであり,これらはI/O Device Network(I/O-DN)に接続されている.I/O-DNの管理や調整を行うために,プログラム可能なマイクロコントローラ(Microchip社製PIC16F84)を用いて作製されたI/O-DN ManagerがI/O-DNに接続される.コンピュータ本体とI/O-DN Managerの間はRS-232Cで接続し,通信制御によりI/O-DN Managerからデバイスの認識情報がコンピュータ本体に伝達される.簡単なアプリケーションを用いて,このプロトタイプを試用した結果,Table-Topの基礎的な機能が実現できることを確認した.考察では,このTable-Topの波及効果や課題について展望した.