曲線こう配の誤差解析に基づく可変一般化ハフ変換

森本 正志  末永 康仁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D2   No.4   pp.593-601
発行日: 1998/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
一般化ハフ変換,  曲線こう配,  誤差解析,  フィルタ,  物体追跡,  

本文: PDF(695.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像中の任意図形を検出する手法として,ハフ変換を応用した一般化ハフ変換(GHT)が存在する.GHTで用いられる図形境界曲線のこう配方向における誤差は,図形検出性能・精度に大きな影響を与える.本論文ではGHTパラメータ空間上のヒストグラムに対するこう配方向の誤差の影響を解析し,その結果に基づき,筆者らが提案してきた可変ハフ変換(VHT)を拡張した可変一般化ハフ変換(V-GHT)を提案する.具体的には,算出パラメータの誤差の確率分布関数若しくは標準偏差を求め,その情報に基づいて可変フィルタを設計し,パラメータ空間に可変フィルタを施すことにより高性能・高精度化を図る.円検出処理の評価実験において正答率・誤り率・検出精度ともに改善が得られ,V-GHTの効果が検証された.また,映像制作における動物体追跡処理に対するV-GHTの適用について述べ,実験によりその有効性を確認した.