単一曲面物体の輪郭線情報と反射率分布図の関係に基づく3次元画像計測

戸所 信樹  中村 納  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D2   No.12   pp.2718-2730
発行日: 1998/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
画像再構成,  Photometric stereo法,  反射率分布図,  輪郭線,  

本文: PDF(965.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,物体の輪郭線の情報を利用した曲面物体形状の復元について報告する.異なった光源状態のもとで得られた複数の画像から,3次元形状を復元するPhotometric stereo法はWoodhamによって提案されている.2枚の画像を用いた場合,物体表面の傾きとなる解は二つに絞られる.本論文では,反射率分布図と物体輪郭線の垂線方向の関係を利用して全物体表面上の傾きを決定する手法を提案する.実験には,仮想物体と,CCDカメラを用いて撮影した曲面物体を用いた.実験結果から本方式が有効であるとの見通しを得た.