ごま塩パターンの形状特徴量を用いた石像のためのステレオ対応付け

山口 証  高地 和隆  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D2   No.11   pp.2598-2605
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
ステレオ法,  石像,  SRIアルゴリズム,  テクスチャ,  

本文: PDF(927.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
石像の形状を計測し,データベースを作成することが文化人類学や考古学,民族学などの分野で重要な課題となっている.ステレオ法は,能動的手法に比べて屋外での設置はより簡単であるが,対応付け問題を解決しなければならない.本論文では,石表面のごま塩状のパターンの形状に基づく特徴ベースのステレオ対応付け手法を提案する.まず2値化によりごま塩状のパターンを特徴量として抽出する.抽出された各パターンについてSRIアルゴリズムで用いられるサイズ,形状,位置および方向のパラメータを計算し,これらのパラメータの類似したパターン同士を対応づける.実験結果より,本手法が石の対応付けに有効であることがわかった.