部分文字列の配置規則を考慮したナンバープレート領域抽出

田邊 勝義  川島 晴美  丸林 栄作  仲西 正  塩 昭夫  大塚 作一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D2       pp.2280-2287
発行日: 1998/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
車番号,  車番号認識,  車両番号,  ナンバープレート,  ナンバープレート領域抽出,  文字認識,  

本文: PDF(682.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,ナンバープレートの文字領域に欠損がある画像に対するナンバープレート領域の抽出法について述べる.本手法では,取得画像からナンバープレート領域を推定する際に,あらかじめ文字を単位としてすべての欠損位置を想定したテンプレートを複数用意し,最も適合度の高い候補を選択する.数字4けたという少数の文字から構成される一連指定番号に着目することにより調べる必要のあるテンプレートの数を減らし,他の種類の文字との大きさや相互の位置関係等を利用して,一連指定番号や他の検出された文字列が全体のどの部分にあたるかを特定し,ナンバープレート領域の抽出を行う.本提案手法を4けたの一連指定番号中1文字が欠損した画像170枚に対して適用した結果,ナンバープレート領域抽出率は,93%であった.また全体として従来約10%あった領域抽出エラー率が約1/4に削減された.