DPマッチング法の逐次適用による日本字署名のオフライン照合法

吉村 ミツ  吉村 功  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D2   No.10   pp.2259-2266
発行日: 1998/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
DPマッチング法,  署名分割,  パターンマッチング法,  オフライン署名照合,  日本字署名,  

本文: PDF(678.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
日本字署名のオフライン照合では署名を構成文字に分割することが有効である,と筆者らは以前に報告した.今回は同じ判断のもとで,DPマッチング法を各構成文字に逐次適用する分割と照合の方法(SDP法)を提案する.まず,x軸上に射影した署名の周辺分布について,代表参照署名と入力署名とを各構成文字ごとにDPマッチング法で対応させ,最適な対応とそのときの相違度を測り第1段階の照合を行う.続いて,通常のマッチング法で相違度を評価し第2段階の照合を行う.この方法を前回と同じデータベースに適応したところ,前回より約3.5%低い平均誤照合率12.9%を得ることができた.