作業のスクリプト記述に基づいたネットワーク管理支援システムSPLICE/NMの設計と実装

岡山 聖彦  山口 英  宮原 秀夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D1   No.8   pp.1014-1023
発行日: 1998/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
Internet,  ネットワーク管理,  障害管理,  管理作業スクリプト,  

本文: PDF(788.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Internet上で安定したサービスを提供するには,サーバが稼動する計算機のほか,ネットワーク間の接続に用いるゲートウェイの安定運用が必須である.これらの機器で障害が発生した際には,早期発見と迅速な復旧作業が必要である.しかし,Internetの急激な大規模化や障害原因の複雑化などの理由により,現状では迅速かつ適切な障害管理が行えず,ネットワーク管理者の負担を増大させる結果となっている.本論文で提案するSPLICE/NMは,復旧作業を自動化することによって管理者を支援するシステムである.SPLICE/NMでは,管理者が端末上で行う作業がプログラミング言語を用いて記述可能である点に注目し,管理者が記述したスクリプトを登録することによって作業の自動化を図っている.本論文では障害管理を自動化するための手法のほか,SPLICE/NMをInternetに適用するための設計方法などを述べる.