木の線形時間描画アルゴリズムとその応用

宮寺 庸造  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D1   No.6   pp.579-592
発行日: 1998/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (計算量理論とアルゴリズム論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
木構造図,  美的描画問題,  描画アルゴリズム,  美的条件,  グラフアルゴリズム,  プログラム流れ図生成系,  

本文: PDF(1022.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
木構造型のプログラム流れ図を,効率良く,美しく描画するための理論的研究を行った.すなわち,木のノードに大きさ,座標,ノード間の間隔を属性としてもたせた属性木として定義される木構造図に対する描画問題の研究である.まず,従来から定式化されている木構造図と美的条件[11],[15],[17]~[21]を改良する.そして,その条件を満たす配置を与える線形時間描画アルゴリズムを提案する.本論文では特に,美的条件と描画アルゴリズムの計算量および描画領域との関係に重点を置く.更に,本アルゴリズムを応用した流れ図処理系の現状についても述べる.