マルチエージェントによるグループ思考支援

西本 一志  角 康之  門林 理恵子  間瀬 健二  中津 良平  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D1   No.5   pp.478-487
発行日: 1998/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: 作業支援への応用
キーワード: 
グループ思考,  創造的活動,  コンピュータ支援,  マルチエージェント,  グループウェア,  

本文: PDF(983.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,新商品開発などのグループによる創造的活動が注目されており,知的触発を支援できるグループウェアのニーズが高まってきている.そこで本論文では,そのようなシステムの実現を目指し,まず思考の主体の遷移に着目したグループ思考モデルと作業の基本タスク分割方法を提案する.ついで,我々が研究開発を進めている,グループ思考支援環境AIDEについて説明する.我々は,AIDEをマルチエージェントアーキテクチャに基づいて構築したので,特にマルチエージェントアーキテクチャによるシステムの実装事例としての立場から報告する.AIDEの開発・試用経験から,グループ思考支援システム構築にマルチエージェントアーキテクチャは親和性がよいこと,また,マルチエージェントアーキテクチャを採用したことにより,ユーザの使い勝手,目標とする支援機能の達成,システムの拡張性などに良好な効果が見られることがわかった.