スクリプトに基づくWWW情報統合支援システムとゲノムデータベースへの応用

北村 泰彦
野崎 哲也
辰巳 昭治

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J81-D1    No.5    pp.451-459
発行日: 1998/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (ソフトウェアエージェントとその応用論文特集)
専門分野: 情報収集・統合への応用
キーワード: 
情報統合,  WWW,  エージェント言語,  ゲノム情報学,  

本文: PDF(649.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
インターネットの普及と共にWWWは情報発信の手段として最も広く利用されている技術の一つである.しかしながらWWWの情報源は広く分散し,個別に管理されているので,WWWブラウザを介して情報統合を行うためには利用者の側で多くの作業を行わなければならない.MetaCommanderは利用者がその要求をスクリプト言語により記述することで,WWW上での情報収集や統合を代行してくれるシステムである.本論文ではMetaCommanderのシステム構成とスクリプト言語について述べた後,WWWを介して公開されているゲノムデータベースへの応用について述べ,その有効性を示す.更に既存のスクリプト言語やプログラミング言語との比較を行い,エージェント技術の導入による今後の展望を示す.