SC無安定マルチバイブレータに基づく同期ループに関する一提案

佐々木 博文  矢原 充敏  藤本 邦昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C2   No.9   pp.758-764
発行日: 1998/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
無安定マルチバイブレータ,  SC回路,  同期ループ,  デューティ比,  

本文: PDF(431.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来の位相同期ループ(PLL)は,いったん擬ロック状態に陥ると自力でもとの状態に回復することができないという問題点を有していた.本論文では,従来の位相比較器部分にスイッチトキャパシタ回路を応用した無安定マルチバイブレータ(SC無安定マルチ)を用いると擬ロック状態に陥ることがなく,かつ分周・倍周動作も簡単にできる新しい形式の同期ループを提案する.まず,SC無安定マルチの出力パルスのデューティ比の変化を利用したループ制御方式では,擬ロック状態に陥ることがないことについて考察する.次に,デューティ比を決定する結合キャパシタと回路定数との関係を導き,結合キャパシタの値を変えるだけで任意の分周比・倍周比が得られることについて述べる.更に,ブレッドボードによる試作回路で実験を行った結果が計算値とよく一致することについて示す.