斜め球面接続光コネクタ用ステップフェルールの回転ずれによる挿入損の増加

高橋 光雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C2   No.7   pp.637-644
発行日: 1998/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 機構デバイス
キーワード: 
APCコネクタ,  ステップフェルール,  許容回転角度,  斜め球面,  挿入損,  

本文: PDF(492.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,接続端面角度を8度および12度の斜め球面に成形研磨したステップフェルールを使用したシングルモード光ファイバ用APCコネクタ(Angled-physical-contact optical connector)について記述したものである.ステップフェルールが円周方向に若干回転ずれをした状態で相互接続されたとき,挿入損は増加する.この挿入損増加に及ぼす諸要因について,ステップフェルールの斜め球面を数式により解析して,光ファイバ端面を密着接続させるフェルールの許容回転角度の理論計算式を求めた.更に,理論計算値と挿入損の測定実験値と比較して,ステップフェルール付きAPCコネクタのフェルールの回転角度と挿入損の増加の相関性を求めた.