はんだバンプで光素子をセルフアライメント接続したMUレセプタクル光モジュール:面発行素子の結合効率シミュレーション

林 剛  山口 悟  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C1   No.3   pp.168-169
発行日: 1998/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: レター論文
専門分野: 
キーワード: 
光線追跡,  光結合効率,  面発光素子,  はんだバンプ,  セルフアライメント,  フェルール付きチップキャリヤ,  MUレセプタクル,  

本文: PDF(124.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
はんだバンプ接続により素子をフェルール付きチップキャリヤに自動光軸位置合せするレセプタクル形面発光モジュールの光結合効率をシミュレーションした.光結合効率は良好であり,本モジュールへの発光素子搭載が期待できる.