MSSW/BVWハイブリッドモードのS/Nエンハンサへの適用

九鬼 孝夫  野本 俊裕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C1   No.2   pp.94-100
発行日: 1998/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
S/Nエンハンサ,  静磁波,  YIG,  ハイブリッドモード,  飽和過渡応答特性,  

本文: PDF(475.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
MSW S/Nエンハンサの動作周波数の低周波数化と飽和過渡応答特性の改善を目的に,MSSW/BVWハイブリッドモードのS/Nエンハンサへの適用を検討した.MSWデバイスにおいて,YIG膜へのバイアス磁界の印加方向をMSWの伝搬方向から適当な角度にすることで,標記モードが励振できる.本モードは,従来検討してきたMSSWに比べて低い周波数を効率良く励振でき,同じ飽和磁化のYIG膜を用いてもS/Nエンハンサの動作周波数を容易に低くできることがわかった.また,MSWの飽和過渡応答特性とMSWの伝搬媒質であるYIG膜の飽和磁化の関係を検討した.その結果,バイアス磁界とMSWの伝搬方向のなす角度が小さなハイブリッドモードを用いると共に,YIG膜の飽和磁化は可能な限り大きくすることにより,S/Nエンハンサの飽和過渡応答を良くできることを示した.