円柱導体集合の交流実効抵抗の積分方程式を用いた数値解析

松島 章  仲摩 聡  汐見 勝彦  石隈 政司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J81-C1   No.11   pp.626-633
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
導体,  交流実効抵抗,  数値解析,  積分方程式,  モーメント法,  

本文: PDF(511.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
円柱導体集合の交流実効抵抗を積分方程式にモーメント法を併用して精密に数値解析した.円柱の太さは共通とするが,その配置および集合の直列グループへの分割数は任意とする.種々の外形をもつ集合に対して交流実効抵抗を計算することにより,近接効果の影響を詳しく調べた.計算値の一部は他の解法および実測値と比較し,よく一致する結果を得た.機器設計における本解法の適用例として偏向ヨークの水平偏向コイルをとり上げ,使用周波数帯における損失電力を種々のパラメータに対して求めた.