目標自動追尾式マイクロ波送電器のデモンストレーション公開実験

篠原 真毅  國見 真志  三浦 健史  松本 紘  藤原 暉雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.6   pp.657-661
発行日: 1998/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
マイクロ波,  マイクロ波エネルギー伝送,  レトロディレクティブ,  レクテナ,  

本文: PDF(477.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本稿では1996年10月1日に京都大学と日産自動車が共同で行った目標自動追尾式マイクロ波送電器デモンストレーション公開実験に関する詳細を報告する.実験で用いたマイクロ波送電器はレトロディレクティブ方式を採用したもので,日産自動車により開発された.送電マイクロ波周波数2.45GHzに対して1/3の816MHzを用いた1次元アレーシステムである.マイクロ波受電器はレクテナと呼ばれ,京都大学が開発した.レクテナはプリント八木・宇田アンテナを用いたもので,1素子で5W直流出力を得ることができる.