コーナ近傍人体のマイクロ波電力吸収

鍬野 秀三  北出 竜也  國分 欽智  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.6   pp.643-650
発行日: 1998/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
生体作用,  マイクロ波ばく露,  SAR,  コーナ,  人体モデル,  

本文: PDF(481.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
我々の生活環境は,一般に建造物で囲まれることが多い.本論文では,建造物のコーナを想定し,直角コーナの近傍に立つ人体のTMおよびTEマイクロ波SAR特性をモデル解析した.マイクロ波では,人体長が波長に比較して非常に長く,3次元のモデル計算が困難なため,人体には2次元の円柱とだ円柱モデルを用いた.2次元円柱モデルの全身平均SARをTM共振周波数帯で既知のリアルモデルと比較し,2次元円柱モデルの適用範囲を考察した.それをもとにして,モデル位置や入射角度が変化する場合の全身平均SARの周波数特性を検討し,1GHzに対してはだ円柱モデルとの比較や局所SAR分布を示した.1GHz以下ではTE波の平均SARがコーナのないときの10倍にも大きくなる場合があること等を明らかにした.