北海道統合通信網におけるディジタル衛星通信用画像伝送方式

三橋 龍一  川村 浩  青木 由直  初田 健  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.5   pp.478-485
発行日: 1998/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (衛星通信実験論文小特集)
専門分野: 画像伝送
キーワード: 
静止画像伝送,  画像圧縮,  パケット通信,  VSAT,  北海道統合通信網,  

本文: PDF(746.8KB)
>>論文を購入


あらまし: 
北海道統合通信網では低コストなVSATを用いた衛星通信を積極的に導入し,パケット通信方式で経済化・高効率化を目指している.本研究では,回線マージンを極力少なくして運用するために必要な,回線品質劣化時対応の静止画像伝送方式の検討と伝送実験を行っている.北海道では降雨のほかに,降雪による直接的な信号減衰やアンテナへの着雪氷等による影響で,衛星回線品質が劣化した状態が長時間にわたって発生する場合がある.第1の手法は,静止画像の高効率符号化アルゴリズムであるJPEGに基づくデータ欠損に対応した画像符号化に,独自のARQ方式を取り入れたものである.もう一つは,データ欠損そのものに強くするためにホログラム処理を施したデータを伝送する方式である.それぞれの処理プログラムを作成し,衛星回線のBERが高い状態での画像データの伝送実験をJCSAT-1号衛星を用いて実施し,本手法の有効性の確認を行った.