単一方向衛星回線を含むネットワークのためのアドレス変換機構を用いたネットワークアーキテクチャ

西田 視磨  楠本 博之  村井 純  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.5   pp.458-467
発行日: 1998/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (衛星通信実験論文小特集)
専門分野: 衛星インターネット
キーワード: 
インターネット,  単一方向通信路,  経路制御,  衛星通信,  

本文: PDF(702KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,広域単一方向の通信媒体である衛星通信と,双方向通信媒体である地上網を用い,非対称なトラフィック傾向を示す利用における有効なネットワークアーキテクチャを提案し実装した.単一方向の通信路は,既存のインターネットの経路制御アーキテクチャと親和性が低く,既存の経路制御技術では衛星通信のような広帯域の単一方向通信路を生かせない.本研究では,ネットワークアドレス変換機構を用いて,データ送信を要求する側が衛星通信路と地上網の複数のネットワークアドレスを使い分けて要求を送信側に送り,単一方向リンクを既存のインターネットの経路に統合し利用できるアーキテクチャを示した.更に,ネットワークアドレス変換機構を実装し,実際の衛星通信路を用いた実験とLAN環境におけるシミュレーションを用いてその有効性を示した.現在,一般家庭や小規模事務所等におけるインターネットの利用は増大しており,そのトラフィック傾向は,利用者から外部ネットワークへ向かう通信よりも外部ネットワークからの情報獲得の通信が多くを占める.本アーキテクチャにより,このトラフィック傾向に適した通信路として広域の放送型通信媒体である衛星通信路を構築できる.