所望パルスと強相関の干渉パルスを抑圧するエコーキャンセラ

鈴木 信弘  岡村 敦  桐本 哲郎  真野 清司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.4   pp.306-314
発行日: 1998/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
エコーキャンセラ,  コヒーレント,  パルス,  適応フィルタ,  レーダ,  

本文: PDF(587.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来の適応フィルタを用いたエコーキャンセラでは,干渉信号(エコー)と所望信号に相関がある場合,干渉信号抑圧性能が劣化する.本論文では,干渉信号と所望信号が強い相関をもつパルス信号である場合に適用できるエコーキャンセラを提案する.本エコーキャンセラでは,適応フィルタに入力する信号をインパルス状の信号に変換して荷重を計算させる.インパルス化により干渉信号パルスと所望信号パルスの時間的な重複を少なくして等価的に干渉信号と所望信号の相関を極小にすることによって,適応フィルタの干渉信号抑圧性能を確保している.計算機シミュレーションにより提案エコーキャンセラの有効性を示した.