光波レーダにおける複数の低速A/D変換器を用いた高周波信号の周波数計測方法

臼井 隆三郎  藤坂 貴彦  上等 泰吉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.3   pp.251-253
発行日: 1998/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
A-D変換器,  ドップラー周波数,  光波レーダ,  信号処理,  

本文: PDF(196.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
コヒーレント光源を用いた光波レーダは,目標からの距離および反射強度の情報に加えて速度情報が得られることから,振動や車速・風速測定等のセンサとして注目されている.光波領域では目標のドップラー周波数が数100MHzにまでとなり,これをディジタル信号処理で計測するためには高速なA/D変換器を用いて受信信号をサンプルする必要がある.しかし,高速A/D変換によるサンプリング周波数の上昇は,ハードウェア設計に多大な影響を及ぼすと共に装置のコスト上昇をまねく.ここでは,複数の低速A/D変換器を用いて,そのサンプリング周波数で計測可能な周波数以上のドップラー周波数を計測する方法について述べた.