1.5GHzマイクロ波による頭部内上昇温度のFDTD計算

藤原 修  谷野 正明  王 建青  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.3   pp.240-247
発行日: 1998/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
マイクロ波,  局所SAR,  生体影響,  頭部リアルモデル,  上昇温度,  

本文: PDF(549.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯電話の発する電波の人体影響が懸念され,近傍界ばく露による頭部内の局所SAR (比吸収率) がクローズアップされている.無線周波電波に対する人体影響が熱的作用による体温上昇に基づくものとする限り,局所SARの人体影響も体温調節中枢を含む頭部内の温度上昇との関連において生ずるものと推察される.本論文では,この観点から筆者らの製作になる頭部リアルモデルで1.5GHzマイクロ波を浴びた場合の頭部内における上昇温度のFDTD法による数値解析を行った.その結果,上昇温度は眼球,筋肉組織で最大に達し,職業人に適用される我が国の安全基準レベル (5mW/cm2) のマイクロ波ではたかだか0.35℃であること,体温調節機能を支配する視床下部での上昇温度は0.0026℃であり,調節行動を引き起こすしきい値 (0.3℃) よりも2けた低いこと,等がわかった.