低アンテナ高基地局アダプティブアレーの同一チャネル干渉除去特性

加藤 喜久  大鐘 武雄  小川 恭孝  伊藤 精彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.1   pp.1-9
発行日: 1998/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
陸上移動通信,  同一チャネル干渉,  アダプティブアレー,  

本文: PDF(608.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
低アンテナ高基地局,すなわち各アンテナ素子に生じるフェージングがそれぞれ無相関となる場合について,アダプティブアレーによる干渉除去特性を検討した.本論文では特にアンテナ本数,干渉波数が多い場合について着目し,SINR特性,BER特性の評価を行った.SINR特性の検討により,平均SNRが大きい場合には,ダイバーシチ利得がほとんど得られないのに対して,平均SNRが小さい場合には,ダイバーシチ利得が大きくなることが明らかになった.BER特性においては,アンテナ本数が7本程度までは,ほぼアンテナ本数増加による利得のみとなった.しかし,10本以上になると若干ながら余剰自由度によりダイバーシチ利得が得られることがわかった.フェージング変動(上り回線,下り回線)による影響の検討では,上り回線において,RLS法,SMI補間法では規格化ドップラー周波数が1×10-4以下では劣化が少なくほぼ追従できているという結果が得られた.下り回線においては,SMI1次外挿法,RLS1次外挿法,双方とも規格化ドップラー周波数が1×10-4以下ではフロア誤りが1×10-2以下となり,ある程度適用可能であることがわかった.